基本的には1型と2型のヘルペスウィルス

バルトレックスとは、塩酸バラクシロビルという成分を含むヘルペスウイルスなどの治療の際に使用する抗ウイルス剤です。

主に高い効果が得られるのは、性器ヘルペスや口唇ヘルペスの原因とされる単純ヘルペスの治療に使われる他に、帯状疱疹や乳幼児に多い水疱瘡の治療などにも用いられています。

特にバルトレックスはヘルペス治療の薬の中でも最も効果があり、副作用が少ない薬としても知られています。

ヘルペスなどの症状が出てからなるべく早く服用ことが望ましく、初期症状のうちに使用することで病状の悪化を軽減する作用があると言われています。

ヘルペスウイルスは、体が疲れていたり免疫能力が低下していると活発化しやすく、一度活発化してしまうと治るまでに時間がかかるのをバルトレックスは兆候の段階で食い止めウイルスを撃退してくれるのです。

基本は病院で診断されれば薬は処方されますが、ヘルペスウイルスだと診断されないと保険適応外になってしまうため、再発などの予防のために薬だけ欲しい場合は費用もかかってしまいます。

そのため、症状は出ていないけど予防のためや、もしかかってしまっても病院に行く時間が取れない方などは、通販などで海外から個人輸入で購入できて、薬の値段も病院で保険適用外でかかる費用より安く購入することができることもあります。

病院での初診料や受信料をかけずに、病院へ行く手間や時間を省きたい方には手段の一つになると言えます。

基本的には服用して体に取り込みますが、軟膏もあります。

バルトレックスは、非常に副作用の少ない薬ではありますが、人によっては下痢、めまい、頭痛や吐き気などの副作用を起こすこともあり、希にアナフィラキシーや痙攣などを起こすこともあるので、そういう症状が出た場合は直ちに使用をやめることをおすすめします。

妊娠中、母乳での授乳中の方、高齢者や腎臓疾患をお持ちの方は使用できないこともあります。

しかし量を加減すれば小児にも使用できる程、副作用の出現頻度は少ないため、ヘルペス治療の薬として最も安全な薬と言えるでしょう。

症状の軽いうちに早めに服用するのが治療効果が高いので、すぐに服用するのが望ましいですが、効き目には個人差があり飲んですぐ症状が軽くなった人もいれば3~5日程かかる人もいるため様子を見ることが大切になってきます。
しかし、一週間服用しても改善しない場合は専門医のもとで判断を仰ぐのが良いでしょう。

ヘルペスウイルスは非常に再発の高い病気です。
少しでも兆候の兆しが見え始めたら早めに対処することをおすすめします。

■性病治療にオススメの薬
ジスロマック

■性器ヘルペスに良く効きます!
ヘルペス治療にバルトレックス

■性病の薬は種類があります、自分の身体にあったものを
トリコモナス

ページトップへ