ヘルペスは完治したように見えても体内に潜伏し再発する

ヘルペスとはヘルペスウイルスが粘膜や皮膚に感染して起こる病気です。
人に感染するのは主に単純ヘルペスウイルスで、このウイルスは8種類ありそのウイルスの種類によって突発性湿疹や水疱瘡、帯状疱疹、口唇ヘルペス、性器ヘルペス等があります。
症状としては、小さな水ぶくれ(水疱)が幾つもできて痛みやかゆみを伴います。
水ぶくれができた後はかさぶたになって2週間程度で治っていきます。
突発性湿疹や水疱瘡など子供の時に感染することが多く、一旦は症状が治まり完治したようにみえても実はウイルスが体の中に潜伏した状態のままとなっています。
ヘルペスウイルスは一度感染すると、一生涯体に潜伏し続けます。
体が抵抗力が弱まっている時に潜伏していたウイルスが再び現れて症状が出ることがあります。
水疱瘡は症状が出る時と出ない時があり、症状がでない場合は気づかないうちに感染し体内にウイルスが潜伏していることがあります。
子供の時に感染して、体力が衰えてきた高齢者が帯状疱疹を発症するケースもあります。
帯状疱疹は強い痛みを伴う発疹が出来るので、症状が出たら早急に治療を受けましょう。
ヘルペスウイルスに感染すると完治することはなく、体調によって再発を繰り返してしまう病気です。
多くの人は子供の時にヘルペスウイルスに感染しますが、大人になってから初めて感染した場合は症状が悪化し重くなることがあります。
ウイルスは接触して感染しますが、ウイルスに感染した人が使用したタオルを共有することで感染することもありますので、タオルなどを別々に使用するようにしましょう。
ストレスや疲れを溜めないようにして、規則正しい生活をして体力を付けるようにします。
一度感染して症状が治まったから完治したと安心せずに、日常生活において再発しないように気を付ければ再発のリスクは低くなります。

ページトップへ